« 大阪のガールズバー経営者逮捕の記事を読んで | トップページ | シンデレラストーリー »

佐藤元相先生のセミナー第2回

今日は、佐藤元相先生のセミナー第2回に出席して来ましたgood

今回も良かったな。また宿題が出ましたsweat01

自分が扱っている商品について、強みを列挙していくこと、その商品に追加していくことはないか、取り扱い商品からカットしていくものはないか、などなど。

私の扱っている商品は自分の声、ブライダル司会というサービスですkaraoke

これを他とは差別化してお客様に選ばれるようにしていきたい。

可能性はまだまだいっぱいあると思う。

先生は、考えをアウトプットすることが大事とおっしゃいました。確かに、自分の扱っている商品について、何が強みなのか、とかは聞かれないと考えることもしないもんね。

商品の強みについて、ちゃんと言葉で表現できないようでは、売れるわけがない、ということをあるワークを通じておっしゃいました。

ワークとは・・・

白紙の紙があります。これに先生が言うとおりに絵を描いていきます。

先生「草原に、流れ星が3つ右から左に流れています。その下に三日月があり、その下に家があります。その横には大きな木が3本、家には煙突があり、家のよこに池があり・・・」

それをみんなでみせあいっこしました。見事にみんなバラバラの絵です。

先生が言いたいのは、みんなに対して同じことを言ったのに、これだけ人それぞれイメージしていることが違う、ということ。本当に自分の思っているとおりを伝えようとすると、言葉はとても大切、ということです。それと、イメージは勝手に受け手がしてしまう、ということです。

いいイメージを持ってもらうために、言葉を磨かなければいけない。商品のよさを伝えるために。

明日は司会のプレオーディションがあります。先ほどまで自分の自己紹介文を考えていました。自分を売り込む言葉は、披露宴のコメントより難しいわwobbly

明日も頑張るぞっup

|

« 大阪のガールズバー経営者逮捕の記事を読んで | トップページ | シンデレラストーリー »

仕事 B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083620/27815467

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤元相先生のセミナー第2回:

« 大阪のガールズバー経営者逮捕の記事を読んで | トップページ | シンデレラストーリー »